5.2.1 公的個人認証による証明書の電子署名

目次へ   前の画面へ戻る

 

作成した申請書に電子署名をします。(署名が不要な手続きもあります。)


1.    電子署名が必要な申請書の場合、手続き申込確認画面に「電子署名」ボタンが表示されます。
「電子署名」ボタンをクリックすると電子署名が始まります。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


2.    電子署名に関する説明と注意を確認
電子署名について重要な説明と注意事項が記載されています。よく読んで「次へ進む」ボタンをクリックしてください。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ

 


3.    電子署名プログラムの起動確認
電子署名のプログラムを起動してよろしければ、「実行」ボタンを押します。

※「上記の発行者と場所からのアプリケーションについては、次回から表示しない」にチェックをし、「実行」ボタンをクリックすると次回からこのダイアログは表示されなくなりますが、
 万が一、このJavaアプレットが不正に改ざんされた場合などは、このダイアログにその旨が表示されますので、
 「上記の発行者と場所からのアプリケーションについては、次回から表示しない」にチェックを入れているとそれを確認することができません。
 そのため、このJavaアプレットの正当性を確認できるようにしていただくためにも、「上記の発行者と場所からのアプリケーションについては、次回から表示しない」には
 チェックをしないでください。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


4.    電子証明書の選択
「公的個人認証サービスの電子証明書」をクリックしてください。
法人として申請する場合は、「4.3.1 商業登記に基づく証明書の電子署名」を参照してください。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


5.    電子証明書の読込み
電子証明書がICカードに入っている場合(公的個人認証サービス)はカードリーダにICカードを挿入し、「読込む」ボタンを押してください。
パスワードを入力する画面がでますので、パスワードを入力し、「OK」ボタンを押してください。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


6.    署名の内容の確認
パスワードが正しく入力されると電子証明書の内容が表示されます。
内容に問題がなければ、「署名する」ボタンを押してください。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


7.    申込完了の確認
「署名する」ボタンをクリックすると署名進行メッセージが画面に表示されます。
署名が完了されるとポップアップ画面が自動的に閉じられ、手続き申込確認画面は手続き完了画面に変わります。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ